スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【なんてこった】論説委員・福島敏雄 「プチ禁酒」成功に乾杯!(産経新聞)

 清水の舞台から飛びおりたつもりで、10日間の禁酒に挑戦した。論説委員ともあろうものが、禁酒をするとは「なんてこった」とお叱りはいただかないと思うが、10日間も禁酒するのは生まれて初めてである。

 今年1月、病院での健康診断で、肝臓の健康度を計るγGTP(基準値は0~80)が「299」に達していた。精密検査を受けたら、医師に「肝臓に脂肪が張り付いている」と言われた。脂肪肝↓慢性肝炎↓肝硬変↓肝臓がんという連想が剛速球のようにアタマの中を走り抜け、キャッチャーのミットにバシッと届いた時が、すなわち昇天。

 昇天するには、まだ少しばかり、この世にミレンがあった。医師は「お酒をやめることですナ」と、あたりまえだが、ひとごとのように言う。

 10日間の禁酒は4月、会社で定期の健康診断があったから、思い立った。もともと不眠症ぎみだったので、毎日、ビールからスタートし、焼酎のロック4~5杯を飲んでいた。これだけの酒量をゼロにするには、それなりの準備と、礼儀が求められる。

 まず、掛かり付けの医師から、睡眠導入剤を処方してもらった。次に、家の中にあるアルコール類を処分した。処分といっても、捨てたわけではない。ビールから焼酎などを全部、飲み干した。

 礼儀とは、毎日のように通っている居酒屋にあいさつに行くことだ。プッツリと来なくなるのだから、少しは心配するだろう。

 「来週から禁酒する。当分、来ない」

 店主には「それが、どうした」といった感じで受け流されただけだったが、これが最後という惜別の思いにかられ、この夜はふだんより多めに飲んでしまった。

 禁酒初日。とにかく眠れない。睡眠導入剤は、もともと偽薬(プラシーボ)みたいなものだ。「これで眠れるのだ」という自己暗示的な要素が大きい。なんにも知らない人なら、スヤスヤと眠れるところだが、筆者はプラシーボみたいなものだと知っているから、そうは行かない。

 床についても、目はランランと輝き、文字通りの七転八倒。半眠半覚のうつらうつらの状態で朝を迎えてしまった。初日は終日、フラフラ状態で仕事も満足にできなかった。

 2日目以降になると、午前3時ころには入眠状態に入れるようになったが、6時か7時ころには目覚めてしまう。それでも、だんだん楽に寝られるようになり、ついに「魔の10日間」を乗り切り、勇躍と健康診断に挑んだ。

 5月半ばすぎ、結果が出た。おそるおそるのぞくと、γGTPは「96」と200も下がっていた。以来、連日、祝い酒。今ごろは「150」くらいまで上がっているかもしれない。なんてこった。

【関連記事】
【今、何が問題なのか】これが飲酒監視装置だ
「慢性すい炎」大酒飲みの男性は注意、生活習慣の改善が重要
酔っ払い僧侶、車窃盗未遂…父「バカタレが」
【今、何が問題なのか】こんなバーテンダーと知り合いたい
それでも飲みたい? 密造酒で73人死亡 インド
「はやぶさ」帰還へ

社民に閣外協力要請の考え…民主・輿石参院会長(読売新聞)
鳩山首相 梅生産者の表敬に「元気になるねえ」(毎日新聞)
東京・銀座で整骨院強盗=3人組が18万奪う、けがなし(時事通信)
首相、報道陣への警戒心露わ 産経は質問できず(産経新聞)
<児童ポルノ>放置のネット関連事業者に共犯適用も 警察庁(毎日新聞)
スポンサーサイト

関西で口蹄疫被害支援の輪 外食店に募金箱 焼肉店では風評被害も(産経新聞)

 家畜の伝染病・口蹄(こうてい)疫問題で、宮崎県大阪事務所(大阪市)を中心に関西の外食産業が協力し、店に募金箱を設置したり、畜産農家を救うための署名活動も検討するなど、支援の輪が広がっている。一方で、関西のスーパーでは、牛肉の「宮崎産」のラベルが張り替えられたり、焼肉店では売り上げがやや落ちたところもあり、一部で風評被害も報告されている。

 関西に10店舗を展開する宮崎地鶏店「車」(大阪府吹田市)では、社長が宮崎県出身で社員にも県出身者が多いことから、「人ごとではなくほうっておけない」と、27日から全店舗に募金箱を設置した。現在のところ、売り上げには影響がないという。

 創業50年以上、宮崎牛を提供するステーキ店「南海グリル」(堺市)でも、「長年宮崎牛にこだわってきたという深いつながりがある」と、全7店舗に募金箱を置いた。

 会員約1800人を擁する「近畿宮崎県人会」は26日、宮崎県庁を直接訪れ、100万円を寄付。同行した事務局長の鈴木政弘さん(74)=堺市東区=は「畜産農家の中には今は生き地獄だと話す人もいて、涙が出てきた。何とか関西からも助けてあげたい」と涙ながらに訴える。

 宮崎県大阪事務所には、「支援をしたいがどうしたらいいか」といった問い合わせが頻繁にあり、17日から募金箱を設置。事務所では、風評被害を防ぐためのちらしを外食店などに配ったほか、「畜産農家に全面支援を」とした署名活動や、百貨店などに働きかけて宮崎物産展を計画してもらうことも検討しているという。

 坂本義広所長は「本庁から毎日感染情報が送られてくるが、なぜここまで拡大したのか不思議だ。支援したいという声が多く、大変感謝している」と話す。

 市場には口蹄疫に感染した肉は流通しておらず、たとえ食べたとしても健康に問題はないが、一部に影響も出始めている。

 大阪府内のスーパーを調査した関係者によると、これまで牛肉のパックに「宮崎産」と記してあったラベルが、抽象的な「国産」と書き換えられていた店もあったという。宮崎牛を提供する大阪府内のある焼肉店では、「イメージを懸念して、接待で利用されるお客さんが減っている」と、風評被害を警戒している。

【関連記事・口蹄疫被害支援】
5億円の無利子支援資金 山口県
企業の支援相次ぐ 現地に拠点などで
大阪府が全農家に消石灰配布へ
ソフトバンクが「宮崎デー」
流通業界、大相撲などにも広がる義援金

現代のエコアイテム? 「京うちわ」づくり最盛期(産経新聞)
500株のバラまとう 大手町のオフィスビル(産経新聞)
地域主権戦略大綱の骨子を了承(産経新聞)
500株のバラまとう 大手町のオフィスビル(産経新聞)
<口蹄疫>新たに5市町9農家で疑い 宮崎(毎日新聞)

居眠り運転警告シートに国土交通大臣賞(レスポンス)

国土交通省は20日、産学官連携功労者表彰での2010年度国土交通大臣賞に「居眠り運転警告シート」の開発を選定した。

運転者が覚醒状態から眠りに入る前に、特徴的な脈波信号が現れる「入眠予兆」を検知し、居眠り状態になる10分程度前に警告できるシートで、東京大学、大分大学、島根難病研究所、デルタツーリングで構成する入眠予兆研究会の代表である、金子成彦東京大学大学院工学系研究科教授が受賞した。

工学と医学の産学連携により、短期間で原理の解明、運転シートの開発まで進め、2011年を目途に製品化が予定されている。

交通事故の未然防止に新たな可能性を開くとともに、運行事業者の運行・労務管理への活用も期待されている。

《レスポンス 編集部》

【関連記事】
東北大、グリセリンから高機能性繊維原料を生成する触媒を開発
【BMW X1 日本発表】40:20:40のリアシート
後席シートべルト、必ず着用は36%…ボルボジャパン調べ
欧州初の回転式助手席シート、ルノー クリオ 設定
スバル レガシィ 一部改良…完全停止する自動ブレーキ搭載で低価格実現

アユ漁 解禁…1500人が清流に糸 静岡・興津川(毎日新聞)
英語「公用語化」に楽天踏み切る 世界企業目指し「内部から国際化」(J-CASTニュース)
地球温暖化対策基本法、衆院委員会で強行採決(産経新聞)
首相の軽さ、国益損なう=渡辺喜氏(時事通信)
中国中間層へも観光ビザ=発給要件を大幅緩和―政府(時事通信)

野良猫餌付け 将棋の加藤九段に中止などを命じる判決(毎日新聞)

 餌付けで集まった野良猫のふん尿などで被害を受けたとして、東京都三鷹市の住民17人と管理組合が同じ集合住宅に住む将棋の元名人、加藤一二三(ひふみ)九段(70)に餌付けの中止と慰謝料など645万円の賠償を求めた訴訟で、東京地裁立川支部(市川正巳裁判長)は13日、餌付けの差し止めと3万6000~30万円の支払いを命じる判決を言い渡した。

 訴状などによると、加藤氏は93年ごろから、三鷹市内の2階建てテラスハウスの自宅玄関前や庭で野良猫への餌付けを始めた。集まる猫は一時期18匹にも達し、住民側はふん尿による悪臭やゴミの散乱などによる被害を受けたとしていた。住民らが餌付けをやめるよう再三の注意や決議をしたが、加藤氏は応じず、調停も不調に終わったことから、08年11月に住民側が提訴していた。

 裁判で住民側は▽住宅の管理規約が「他の居住者に迷惑を及ぼす恐れのある動物を飼育しない」と定めている▽中止要請に応じないため受忍限度を超える被害が出ている--ことなどから、餌やりの違法性を主張。加藤氏は「屋外での餌付けは飼育でなく、仮にそうだとしても猫は迷惑な動物でない。被害はほとんどが事実無根だ」として請求の棄却を求め、全面的に争っていた。【池田知広】

【関連ニュース】
<関連記事>三鷹の「猫に餌やり」訴訟:加藤元名人、住民と対立 地裁立川支部13日判決
<関連記事>どうぶつナビ:ハトにエサをやってはだめなの?
<餌付けはしていません>したたか、箕面のサル メロンパン攻防は続く
どうぶつナビ:劣悪な環境でたくさんの動物を飼う人たちがいます。
猫紀行:「猫を捨てないで」 タレントの早川敦子さん、初の写真展--名古屋 /愛知

<国会>与野党攻防の激しさ増す 普天間で審議混乱の可能性(毎日新聞)
徳之島3町長、受け入れ拒否確認…首相と会談へ(読売新聞)
劇団四季 14年間の常設公演に幕 福岡シティ劇場(毎日新聞)
パロマ事故判決 「ヒロ君の死、無駄じゃなかった」 両親会見(産経新聞)
<南アW杯>選手決定で都内各地で号外1万部配布…毎日新聞(毎日新聞)

ブランド品で児童労働減らそう=無償提供呼び掛け、海外支援-NGO(時事通信)

 押し入れに埋もれたブランド品で海外の不当な児童労働を減らしませんか-。海外の子どもたちを支援している東京都内のNGOが、家庭で使わなくなったブランドバッグの無償提供を受け、活動資金に当てるユニークな活動をしている。
 このNGOは「エース(ACE)」(東京都台東区)。これまでインドやアフリカ・ガーナで、教育を受けられず過酷な労働を強いられている子どもたちの支援を続けてきた。
 キャンペーンのキャッチフレーズは「バッグ・トゥー・ザ・フューチャー」(未来へバッグを)。大ヒットした米国映画のタイトルと掛けた。
 バッグ以外にも、ブランド品のアクセサリー、時計、財布、洋服、靴、小物なども引き取る。買い取り会社が査定し、エースに現金を支払う仕組みだ。提供者は品物名や個数、配達日をエースにメールで知らせて発送する。 

【関連ニュース】
人気芸人が味の素の「クックドゥ」PR=5コンビが独自レシピで競う
ビール冷却装置をプレゼント=アサヒがキャンペーン
UVカット商品で共同キャンペーン=ユニクロと資生堂
コーヒー無料、再び実施=マクドナルド
電磁界解析ソフトで計算時間短縮キャンペーン実施=米AWR〔BW〕

ホテルで緊縛強盗、400万円奪い数人組逃走 埼玉・本庄(産経新聞)
JR西強制起訴 「法廷で正直に話して」(産経新聞)
ぞうきん無断で燃やした女逮捕 尼崎、周辺で数十件発生(産経新聞)
豪華なアツアツ弁当、プレミアム箱会席「雅」 (産経新聞)
<名古屋市議会>民主党市議団 報酬削減の検討会設置へ(毎日新聞)
プロフィール

Author:ミスターとしひこうえの
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。